洗顔の必要性と基本知識

今日は洗顔について書いていきたいと思います。

お肌を洗浄する「洗顔」には2ステップあることが基本で、最初はメイクなどの油性汚れを落とすクレンジングを行い、次に水溶性の汚れを落とす「洗顔」に入ります。種類の異なる洗顔料を使い、2回に分けて洗うことを「W洗顔」と言いますが、セカンドステップとなる洗顔に込められた美肌の意味とはどのようなものがあるでしょうか?

洗顔の目的は、ターンオーバーを迎えたお肌の垢(角質)を落としたり、皮脂と汗に付着した汚れや花粉などを取り除くことで、もちろんそれは美肌への第一歩となります。顔全体がくすんでトーンダウンしてきたり、皮膚が硬くなって化粧がのらなくなったりするのは、上手に洗顔できていない証拠。その肌コンディションの悪さは、シミやシワ、ニキビの原因を招き、不要なものが残ったお肌にいくら高級な化粧水を費やしても無駄となってしまうわけなのです。

また、洗顔を夜だけのものだと考えている人もいるようで、確かに一日中外気に触れたお肌の汚れは確実にOFFする必要がありますが、注意すべきは夜もお肌は生きているということ。寝ている間もお肌からは皮脂分泌がありますし、お肌の再生は夜に活発化するため、朝の肌には不必要なものがたくさんついているわけなのです。男性の中には朝顔を洗わない人や、水だけで済ませてしまう人が多いようですが、キメが荒い男性が多いのは、そういった油断にも理由があるのかもしれません。

しかし、世の中にはたくさんの洗顔料がありますし、洗浄力の強すぎる洗顔には必要な潤いまで奪われ、逆に弱すぎても汚れが残ってしまうことを考えると迷ってしまうものです。でも、自分の肌質を知ればそれが“ゴール”となるため、それに加えてなりたい肌といった条件を考えれば必然的にアイテムは絞れてくるものです。

ここでは、肌タイプ別に人気となっている洗顔アイテムや、お悩み別の商品ランキングなどを綴っています。
洗顔を制覇するために、まずは自分にぴったりの商品を吟味する「“選眼力”(せんがんりょく)」を養いましょう!

Comments are closed.